ABOUT

 Angel Champagne

「ANGEL CHAMPAGNE」という名前の由来は、「完全なる美」を探求するという意味を込め付けられました。
「ANGEL CHAMPAGNE」は数十年という歴史はありますが、最も新しいシャンパンの中の一つでもあります。
名高いオノロジストと経験豊富な醸造責任者の監視の下造られた類のない味わいは、まさに最高級品です。
「ANGEL CHAMPAGNE」は、最も革新的で独創的ブランドだと評価されています。
視覚的にも味覚的にも、ダイレクトに伝わる最高級品の味わいとスタイルに魅了されることでしょう。

Grapes

通常シャンパンによく使われる葡萄は、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3種類です。
ANGEL CHAMPAGNEの場合は、それらの葡萄を数世紀前に作られたアッセンブラージュでブレンドすることで、独特な風味を造り出します。

シャルドネという葡萄は白く万能な葡萄で、柔らかくとてもフルーティーであることで知られています。シャルドネの爽やかな酸味がANGEL CHAMAPAGNEの一つの特徴として挙げられます。
この素晴らしい葡萄は、ローマ人によりフランスの東北部で栽培され、全世界に瞬く間に広がりました。現在では、世界でも有名なワインやスパークリングワインに使用されています。

ピノ・ノワールは世界で最も優れた赤い葡萄として知られており、シルクのようにとても滑らかでラズベリーやストロベリーを連想させるフルーティーな香りが特徴です。
この葡萄は、ANGEL CHAMPAGNEに深みとコクを与えてくれます。ピノ・ノワールはほぼ間違いなく最もカリスマ性のある葡萄と言えるでしょう。

ピノ・ムニエも赤い葡萄で、ピノ・ノワールと同じ科に属しています。
ピノ・ムニエは、ANGEL CHAMPAGNEの独特な香りを作り出します。
ムニエという名前は「Meunier=製粉業者」から来ており、葉っぱの裏面に小麦粉のような粉末があったことが特徴で付けられたそうです。

Serving

シャンパンは、デリケートに扱っていただく必要があります。
直射日光にあたらない冷えた場所で保管して下さい。また、一定した温度で保管するようにして下さい。
4℃から15℃の間が一番良いと言えます。ボトルは水平に保管し、コルクは濡れているようにして下さい。そうすることで、空気をボトルに入れることなく、ボトルの中のガスを保つことが出来ます。
上記の手順を守っていただくことで、ANGEL CHAMPAGNEの味わいと風味は保てます。

ANGEL CHAMPAGNEを最高に楽しむためには、大きいワイングラスで飲むことをおすすめします。
シャンパンはワインなので、大きいグラスで飲むことで、シャンパンの、あらゆる魅力を引き出してくれます。また、ビンテージのシャンパンを静かに注いでみることもおすすめします。静かに注がれたワインは、まさに絶品です。
最終的にシャンパンはワインです。ワインに泡の形をしたマジックが掛かっているのです。